ミョウバンでワキガ(脇の臭い)対策

ミョウバンがワキガ(脇の臭い)に効くってほんと?逆に臭くならないの?

ミョウバンがワキガ(脇の臭い)に効くってほんと?逆に臭くならないの?

自宅にあるもの、または、簡単に手に入れることが出来る身近なものを使って、いろいろな事に役立てるという節約法が流行していますね。

 

でも、ミョウバンを使ってワキガの臭いが抑えられるという話を聞いたことがある人はまだ、少ないかも知れません。

 

ミョウバンなんかが臭いに効果があるのと思うかも知れませんが、ミョウバン水を使ったスプレーを手作りしたり、ミョウバンでワキを拭いたり、入浴剤としてミョウバンを活用している人などもいますのでその効果はあると言えるのではないでしょうか。

 

■ミョウバンを使ったワキガの臭い対策

 

ミョウバンを使ったワキガの臭い対策方法は、上記のようにいろいろあります。

 

確かにその方法を実践している人も多く、その効果を感じているという人も多いですが実際に使ってみると、あるデメリットが生まれてくるのです。

 

そのデメリットとはミョウバンの臭いです。

 

ミョウバンには特有の臭いがあるため、入浴剤として使用したり、直接ワキに吹きかけて使うと、ミョウバンの臭いというものが気になります。

 

確かに、ワキガの臭いは軽減することが出来るのかも知れませんが、これでは、本当に臭いの改善になっているのか疑わしいですよね。

 

そんな方にお勧めなのが、海露(うみつゆ)という天然成分由来のデオドラントジェルを使ったケア方法です。

 

ミョウバンを使ったミョウバン水をスプレーする方法や、入浴剤として使う方法と比べると、コストはかかってしまうものの、臭いを抑える効果は非常に高く、海露の臭いも気になりません。

 

消臭効果を得るために、嫌な臭いを嗅ぐというのはストレスにもなりますし、それで新たな臭いの悩みが増えてしまったら本末転倒です。

 

なので、手作りでミョウバンを使った対策グッズを作るのであれば、ワキガの対策用のデオドラントジェルなどを購入するほうが、効率的であり効果が期待出来ます。

 

ワキの臭いの悩みというのは、非常にデリケートなものとなりますので、通販サイトでこっそり購入出来るというのも、魅力の1つなのではないかと思います。

スポンサードリンク